京王線 仙川駅から徒歩3分
痛くないやさしい歯医者さん

仙川駅徒歩3分の便利で優しい歯医者【歯科仙川】

診療時間:09:30~13:00,14:30~19:00
休診日:日・祝

審美歯科

診療時間
09:30〜13:00 -
14:30〜19:00 -

03-6909-1118

ETHETIC
審美性の高いセラミック治療

歯科仙川のセラミック治療


当院のセラミック治療は、
見た目が審美性に長けていることはもちろんのこと、
治療した歯を長持ちさせることを目的としています。

見た目が綺麗で自然なセラミック

見た目が美しいセラミック治療で評判の歯科仙川

セラミックは歯に近い色調、硬さであることが特徴です。虫歯治療などで詰め物が必要場合、保険診療だと銀色の詰め物をセットする場合があります。銀歯はお口の中で黒く見えますので、見える部分だと見た目を気にされる方が多くいます。セラミックは色をそれぞれの患者さまの歯合わせて作ることができるので、見た目も自然になります。日常生活で他の人に、治療した歯であると気づかれることは少ないでしょう。

治療した歯の寿命を延ばすセラミック

審美性が高く、長持ちするセラミック治療を歯科仙川にご相談ください

1度虫歯治療をして詰め物や被せ物をセットした歯でも再び虫歯になることは多いです。こういった虫歯を2次虫歯と言います。患者さま側からすると、「1度治ったのに!」と感じると思いますが、虫歯治療の『治った』という状態は、虫歯だった部分を削り、詰め物などの人工物に置き換わった状態を言います。体が元の状態に戻ったわけではないのです。

適合が悪く、歯にフィットしていない補綴物(詰め物や被せ物)が2次虫歯の原因の1つです。虫歯菌は1度お口の中に定着すると0になることはありません。歯ブラシの当たらない隙間に溜まり虫歯を作ります。治したはず詰め物と歯の間に隙間があると細菌がたまり2次虫歯ができるのです。特に銀歯はお口の中でたわんだり、変形したりするので2次虫歯の原因になることがあります。

セラミックが歯の寿命を延ばす理由

日本人が歯医者で歯を抜いている原因の約30パーセントが虫歯によるものです。歯に対して1回目の虫歯治療で抜歯になることは少なく、再治療を繰り返している歯がほとんどです。再治療を繰り返すと、治療のたびに歯を削り、ご自身の歯が小さく、人工物(詰め物や被せ物)が大きくなっていきます。ご自身の歯が少なくなり、詰め物や被せ物をセットできる状態で無くなると抜歯になります。

そのため再治療の回数を減らすことができれば、虫歯による抜歯を予防でき歯の寿命を延ばすことができます。セラミックが歯科治療に適している理由は、精度が良く変形しづらく、歯に強く接着することです。精度が良いセラミックを歯に強く接着することで、隙間ができず2次虫歯の予防になります。またセラミックは硬く、変形しづらいので長期的に噛み合う力がかかっても隙間ができず、安定して噛み合う力を支えます。そして精度が良く、硬いセラミックを歯に強く接着することで、再治療を防ぎ歯の寿命を延ばすことができます。

セラミックが精度が高い理由

型取りの材料の違い

歯科仙川ではセラミックの型取りをするときに、シリコン印象材という材料を使います。シリコン系の材料の特徴は変形が少ないことです。変形が少ないので、患者さまの歯の形を正確の再現することが可能です。患者様の歯に限りなく近い模型上で詰め物を作ることで、患者様の歯にフイットした詰め物ができます。

強力な接着剤

セラミックと歯をつなぐものです。歯科仙川では、リライエックスという接着剤を使います。リライエックスは歯とセラミックを強力に繋ぎます。またセラミックをセットした後に痛みや、しみるなどの症状が出づらいという特徴があります。

歯科技工士の違い

詰め物は、保険診療と自由診療で作る歯科技工士が違います。セラミックはセラミック専門の技工士が時間をかけて丁寧に作るので適合をよく作ることが可能です。

審美歯科の補綴物紹介

補綴物名
(素材)
メリット デメリット
セラミックインレー/アンレー
(emax)
虫歯の予防になる
歯と強固に接着する
変色がなく白い状態が続く
金属アレルギーの心配がない
表面にプラークが付きにくい
精度が高く、歯にフィットする
歯と硬さが近く(400Mpa)変形しない
天然の歯に近い色調・質感を再現できる
保険診療が使えない
稀にかけることがある
ハイブリッドインレー/アンレー
(硬質プラスチック)
歯と強く接着する
歯に近い色調を再現できる
金属アレルギーの心配がない
精度が高く、歯にフィットする
保険診療が使えない
稀にかけることがある
3〜4年で変色することがある
セラミックに比べると強度が弱い
ゴールドインレー/アンレー
(金合金)
虫歯の予防になる
精度が高く、歯にフィットする
かけたり、割れたりする心配がない
保険診療が使えない
セラミックに比べると見た目が劣る
稀に金属アレルギーを起こす場合がある
オールセラミッククラウン
(セラミック)
虫歯の予防になる
歯と強固に接着する
変色がなく白い状態が続く
歯と硬さが近く変形しない
金属アレルギーの心配がない
表面にプラークが付きにくい
精度が高く、歯にフィットする
光を透過するため、天然の歯に近い色調・質感を再現できる
保険診療が使えない
稀にかけることがある
セラモメタルクラウン
(セラミック、プレシャスメタル)
虫歯の予防になる
歯と強固に接着する
変色がなく白い状態が続く
歯と硬さが近く変形しない
表面にプラークが付きにくい
精度が高く、歯にフィットする
天然の歯に近い色調・質感を再現できる
保険診療が使えない
表面がかけて金属が見えることがある
稀に金属アレルギーを起こすことがある
オールセラミッククラウンと比べると見た目が劣る
ハイブリッドクラウン
(硬質プラスチック、銀合金)
歯に近い色調を再現できる
精度が高く、歯にフィットする
保険診療が使えない
3〜4年で変色することがある
表面がかけ、金属が露出することがある

本来の白さを取り戻すホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者さま自身がホワイトニング用マウスピースとホワイトニング用の薬剤を使いご自宅行っていただくものです。

ホームホワイトニングフロー
歯科医院で行うこと

①歯医者で問診、検診を行います。患者様の悩みを聞き、お口の中に問題がないか確認します。 ②虫歯や歯周病などがある場合、ホワイトニングをすると痛んだり、しみることがあるため、優先して治療すべきところがあれば治療します。 ③ホワイトニングの効果をより高めるため、歯面をクリーニングします。 ④ホワイトニング用のマウスピースの型取りをします。 ⑤使い方のご説明をして、マウスピースと薬剤をお渡しします。


ご自宅で行うこと

①マウスピースに薬剤を入れて、歯にマウスピースをつけます。 ②数時間、そのままお過ごし頂きます。 ③マウスピースを外し、洗浄します。これを1週間〜2週間繰り返します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯医者の診療台で衛生士によって行う専門的なホワイトニングです。

オフィスホワイトニングフロー
歯科医院で行うこと

①歯医者で問診、検診を行います。患者様の悩みを聞き、お口の中に問題がないか確認します。 ②虫歯や歯周病などがある場合、ホワイトニングをすると痛んだり、しみることがあるため、優先して治療すべきところがあれば治療します。 ③ホワイトニングの効果をより高めるため、歯面をクリーニングします。ホワイトニング用のマウスピースの型取りをします。 ④患者様の歯にオフィスホワイトニング専用の薬剤を塗布し白くしていきます。場合によっては専用の光をあてることがあります。

種類
(価格)
メリット デメリット
ホームホワイトニング
(¥15,000 +tax)
効果が長続きしやすい
歯医者への通院回数が少ない
好きな時間、タイミングにできる
多少しみることがある
効果が出るまでに時間がかかる
オフィスホワイトニング
(¥20,000 +tax)
効果が短時間で出やすい 多少しみることがある
デュアルホワイトニング
(¥30,000 +tax)
オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングの一方よりも効果が出やすい −−
診療内容一覧へ戻る

Webからの
ご予約はこちら